KYO TO KYO から 紅白へ

1997年の秋、KYO TO KYOを見に京都まで行った20代前半の私は、「ガラガラだよ」と人から電話で聞いていた客席の状況を実際目の当たりにして、「ガラガラだな」と、思った。

当時バイト生活をしていた私は、土日ではなく、平日に京都へ行くことが多かった。土日はだいたい5公演、平日は3公演、が当時のKYO TO KYOの定番だったと思う。

京都へ行くのはKYO TO KYOを見るためでもあり、観光をするため、でもあったので、チケットは滞在期間中の最初と最後だけを持っていて、空いている時間には観光をするつもりだった。

でも、ガラガラだった。

うめてあげなきゃ、とか、そう思ったわけでもなかった。ただ、チケットは普通に窓口で売っていて、席は選びたい放題だった。

大野くんの立ち位置で見たい。通路側でゆっくり見たい。

「20番の席だとどこになりますか。中央の通路側の方で…」

そんなふうに窓口で聞いて、20番で空いている席のうち一番前の席を買う。そういう買い方が可能だった。

プレイガイドで事前に席を選べない状況で買うと、自動的に前方3列以内が手元に来た。それはそれでおとなしくそこで見て、あとは現地で好きな席を買う。97年秋の平日は、そんな状況だった。

その時、私はちょうど真ん中くらいの20番で見た。前3列以外はガラガラの客席で、ちょうどど真ん中に位置する席にぽつんと座っている人もいれば、中列くらいの妙にサイド側で見ている人もいた。みんな好きな席を買うから、前3列以外は、ぽつん、ぽつんと人が座っている状況になる。そういうなかで、20番は真ん中くらいまでは、縦に座席がうまっている、みたいな雰囲気だった。

うめてあげなきゃ、とか。そう思ったわけでもない。今の感覚ではないので、当時は、こんなもんだろ、とも思っていたような気がする。

ちなみに、翌年の状況は全然違って、客席はいっぱいになるようにはなった。だから、これなら続けられるな、と思っていたけれど、KYO TO KYOは、というかジャニーズ陣営は、2年でさっさと劇場から撤退した。

もう、次の春には公演がない、そんな噂になっていた年末、大野くんは、自分が出演するべきKYO TO KYO のステージが終わっても、東京に帰ってはこなかった。

KYO TO KYO の全部の公演が終わっても、ステージがなくても、大野くんは帰ってこなくて、ほかに東京から京都へ行っていたJr.のなかにも、帰ってこないひとがいた。

99年の1月には雑誌FRIDAYの一件があって当時未成年のJr.4人が解雇をくらい、くらった子が京都から帰ってこないJr.を頼ってそっちに行くとかいうもう、なんなんだよ💢、みたいな、さんざんな冬だった。

KYO TO KYO が終わった後、出演していた関ジュには細々と仕事があった時もあったけど、そのうちどんどん辞めていった。所詮は使い捨てだと言ってしまえば簡単だけど、当時私が押していた関ジュの子について最後に聞いた消息は、携帯ショップで接客のバイトしてるらしいよ、っていうやつだった。

KYO TO KYO 、という公演があってから、20年という月日を経過する2018年12月31日。

NHK紅白歌合戦に、純烈 というグループが初出場する。

純烈のなかに、当時関ジュでKYO TO KYO に出ていた、友井雄亮くんという子がいる。

…子、じゃないな。友井雄亮さん。

当時は牧山雄亮くん、マッキー、と呼ばれていて人気があった。

KYO TO KYO に、常時の出演者としてクレジットされていた東京Jr.のなかで、生き残ったのは大野くんだけだ。

そして、関ジュのなかで生き残ったエイトのヨコやヒナと、そして、事務所を辞めた牧山が同じステージに立つ、そんな20年後の未来。

なんとかなる未来も、きっとどっかにあるよ。

山本亮太さん(宇宙Six/ジャニーズJr.)28歳のお仕事5選

桃山ビート・トライブ

2017年11月23日~12月3日 @EXシアター六本木

もう5年くらい前の話とちゃうんかこれ(違います)

振り返ると、なんだかとても鮮やかな色彩が目の内側に残っている感じ

ポスタービジュアルが出た時の、「勝った……!!!!!」っていう感情が忘れがたい

座組に本当にかわいがってもらったし、盛り立ててもらったし、これが最初だったことに一生感謝しつづける

初日の最後の場面までいったとき、目がずっとうるうるしていて、最後の いざやかぶかん!は半分泣いてて、終わりまで!無事に!きた!っていう達成感がすごかった(わたしの)(わたし出てない)

副島さんが怪我しちゃったとき、へっちゃらな顔して一番体力的に大変な場面を代わってやりきった、そのカーテンコールでもへっちゃらな顔してニコニコ出てきた、その強さをあいしてる

千穐楽のカーテンコール、一人で最初っから最後まで号泣してたとこもあいしてる(号泣しているのを「みんなが泣くから」って客席のせいにしやがった)

やっと涙がとまった直後、めぐさんにふわっとハグされて耳元で何か言われて、体が離れたらまたほろほろと泣き出したの、あれ、何を言われたのかおしえてくれないかなぁ……

30-DELUX NEW GENERATION THEATER featuring 宇宙Six『スクアッド』

2018年3月28日~4月1日 @東京・新国立劇場小劇場

2018年4月5日~8日 @大阪・近鉄アート館

これもう5年くらい前の話と略

東京と大阪がなんか別物だった、なにがって、それは客席の空気感がっていう話なんですけどもやな、まぁしょうがない、それは

良いと悪いの真ん中にいる、信じられるのは思いの強さだけ、みたいな感じがすごく出てた、ふりかえってみると

芝居どうこうっていう話よりも、なんつーか、立ち姿と、気合い(気合い)(とは)

アート館の初日の、客席もステージ上もなんか、ふっきれた、みたいな妙な高揚感みたいなものですごく安心できたとこがある、安心っていうか、希望、っていうか

そしてこれ終了後、約一か月にわたって各人の思いの吐露が綿々と綴られることになったわけなのですが

ふりかえれば、綿々と一か月読み続けることができたの、すごいよかったなって

ちゃんと自分がどう感じたか、こちら側にできうる限り伝えようと、不安を取り除いてくれようとしてくれたことがめっちゃ尊いなって

(まぁ、わかるでしょ!って言われたわけだが)

(わかりたい!と、思ってはいるつもりです!)

(わからなくても、味方でいたい)

KAT-TUN LIVE 2018 UNION

2018年4月20日~22日 @東京ドーム

オープニングの客席内ビラ配りから始まって、ザッツジャニーズJr.!って感じのお仕事てんこもりで超たのしかった(わたしが)

この時のKISS KISS KISSが異常に好きなんすよ(わたしが)

特に21日のKISS KISS KISSをもう1回見たいんですけどなんとかなりませんかね…

完全な恋に焦がれ、のとこで、すーっとしゃがんだのが21日だけだったんすよ…

初日にめぐさんが見学に来たのを、かめたんが丁寧に紹介してくれて、5人組だと説明まで入れてくれたことは忘れません鶴になって恩返しします(迷惑)

WBB vol.14「Secret code~幻のゲームオーバー~」

2018年7月20日~22日 @新神戸オリエンタル劇場

2018年7月24日~31日 @紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

今現在のぶんさんはヒルラー・ファントム様担だから!(そうだったのかよ)

自分がとにかくマントに弱すぎることがよくわかった

悪と善の間、みたいな役をみんな亮太さんにやらせがち、っていうか、演らせたくなる感じ、なのかも

3本目にして声が最後まで持ったことに万歳三唱した(わたしが)

共演者の若手陣が、「亮太さぁぁぁんっ!」って慕ってくれてるのをカーテンコールで目の当たりにして、もうなんか感無量だった(わたしが)

本当に、「亮太さん!」「亮太さぁん!」「亮太さぁぁんっっっ!」的なノリの若手陣だった

亮太さん、面倒見良いんだな…あんなん(あんなん)だけど…

瑞樹先輩には伏して御礼したい…「俺とぉ、松田元太どっちが好きっすか!」って言いだした時は、「ちょっとりょうたくんこっちいらっしゃい!」ってなった(わたしが)

桃山の時は、共演者に「稽古場の空気を落とさない」って言われていて、スクアッドでは清水さんに、稽古が膠着状態になった時はこの人に救われたって言われていて、亮太さんは働き者である(働き者という表現はどうなのか)

でも江田さんには「天気」と先日何かで言われていた、テンションが周囲に影響すると

ということはですよ、やっぱり、宇宙Sixのなかでは、テンションの上下を隠さないでいられるということなのかなってちょっと思ったりしました

それはよきことだとおもう

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST

8/4~8/5 @マリンメッセ福岡

8/25~8/26 @静岡エコパアリーナ

8/25~8/26 @日本ガイシホール

9/8~9/9 @朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

9/14~9/17 @横浜アリーナ

9/29~9/30 @セキスイハイムスーパーアリーナ

10/13~10/14 @きたえーる

10/20~10/21 @大阪城ホール

FIRE STORMがほんっとーーーーーーーーーーーに好きだったよーーーーーー…

FIRE STORM1曲に全額払っていいと思いながら通っていた

どこが好きなのか、と問われてもうまく説明できない、いや足トントンは超超超超超好きだけど!

こう、亮太さんって、踊っててふと、静謐な気配を醸し出すことあるじゃないっすか

その、炎イメージの赤くて熱い背景的なものと、黒いスタイリッシュ軍服系衣装と、本人の出す静謐さ、っていうののマッチング具合が好きで好きで

FIRE STORM好きだったわ…(4行ぶり2回目)

上田先輩に金髪を怒られたりぶっころされかけたり豚の餌にされかけたり、いい仕事してた(いい仕事)

 かめたんに「ツアーもう終わるけどどうですか」って聞かれた時、「逆に僕たちどうですか!?」って聞いて、また怒られていたけどもやな!

あれさぁ、しゃべってほしかったんだよ、かつんに!宇宙のことをしゃべってほしかったんじゃなくて、宇宙のことをどう思ってるかを聞きたいとかでは実はなくて、宇宙がその場にいる時にしか出ないような話を「かつんに」しゃべってほしかったんだよ!

…って思ったけど、みんな私の言うことは一切信用しないでほしい(真顔)

 

以上、雑な5選で申し訳ないことこのうえなし…。

あとで多少書き直すかもしれないけどとりあえず間に合うようにupした次第…。

最近亮太さんを見てて思うことはなんだろうなー、うーんと、認められなくても評価されなくてもいいんだ、というか。よくはないけど。いいんだ、と。

自分の努力も自分の目標も吹聴する必要はないし、誰かに認めてもらう必要もない。

人は努力や気持ちを表明して褒めてもらうために生きているのにあらず。

……武士か(ちがう)。

亮太さんは武士だったのか、あんなんなのに(武士ではない)。

信用に値するのは本当に、その瞬間のステージの上だけだ、って、それは昔からずっとそう思ってるんですけど、多分これからもしばらくはそう思って生きていると思う。

そのステージの上にいつまでもいてほしい、と思うのも本当だし、もう辞めてもいいよ、って思うのも本当だなぁ。

君に幸あれ。それがどんな形でも。

亮太さん、おたんじょうび、おめでとう。